DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPスポンサー広告 ≫ SYLVIA STRIPLIN / GIVE ME YOUR LOVE (1980)TOPSYLVIA STRIPLIN ≫ SYLVIA STRIPLIN / GIVE ME YOUR LOVE (1980)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

SYLVIA STRIPLIN / GIVE ME YOUR LOVE (1980)

sylvia striplin-give me your love

SIDE A...UM 702

GIVE ME YOUR LOVE
Time: 3:23
By James Bedford
Produced by Roy Ayers
Arranged by J Bedford, R. Ayers
for Ro-Ayer Productions Inc.

SIDE B...UM 702

YOU CAN'T TURN ME AWAY
Time: 2:59
By J. Bedford, R. Ayers, S. Striplin
Produced by Roy Ayers
Arranged by J Bedford, R. Ayers, S. Striplin
for Ro-Ayer Productions Inc.

(P)1980 Uno Melodic Records/ UMR, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●GIVE ME YOUR LOVE
[POP # -/R&B # - /DISCO # 23]

Sylvia Striplinは、ニューヨークを拠点にセッション・シンガーとして活動していた黒人女性ジャズ/R&Bヴォーカリスト。Aquarian DreamEighties Ladiesなどのディスコ・グループのボーカルを務め、その後Roy Ayersに見出され、ソロ・デビューを果たした。主な代表曲に「Give Me Your Love」「You Can't Turn Me Away」(1980)など。

このシングルは1980年にRoy Ayersが経営するレーベル・Uno Melodicから発売されたソロ・デビュー・シングル。プロデュースはRoy Ayers。1981年発売のアルバム「Give Me Your Love」収録。

●GIVE ME YOUR LOVE
ハウスなどのサンプリング・ネタとして取り上げられる機会の多いディスコ・クラシックの名曲であり、彼女の代表曲の一つ。変拍子を使ったような独特のリズム・パターンを持ったミニマルなトラックに、彼女のキュートなボーカルが絡むアップテンポのファッショナブルなディスコ・ナンバーで、70年代のディスコ・サウンドの雰囲気を残しつつ、80年代的なアプローチを取ったアーバンなサウンドが絶妙な仕上がりとなっている。

このシングル・バージョンはアルバム、12インチ・バージョンとは全く異なるシングル・ミックス。後半のアドリブ部分がアルバム・バージョンでは大幅にカットされている。

●YOU CAN'T TURN ME AWAY
ヒップ・ホップなどのサンプリング・ネタとして有名な彼女の代表曲。彼女のスキャット交じりのキュートでアンニュイなボーカルと少しファンキーなベースが印象的なメロウなミディアム・ナンバー。




Comment

Funk Soul Sisters
編集
グッドタイミングです~。
ちょうどうちのブログでFunk Soul Sistersを取り上げてた所。
Aquarian DreamとEighties Ladiesのメンバーだそうですね。
2009年02月25日(Wed) 05:36
編集
裏はメチャ有名な曲だよね。
2009年02月25日(Wed) 14:13
編集
>adhistaさん

偶然ですね 笑
Linda Clifordで自分のレビューを取り上げて頂いて・・・恥ずかしいです 笑

>masatoさん

そうそう。これもちょっとバージョン違いかな。
2009年02月25日(Wed) 17:36












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。