スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DONNA SUMMER / I FEEL LOVE (1977)

2009.02.21.Sat.20:09
donna summer-i feel love

SIDE A...NB 884 BS

I FEEL LOVE
Time: 5:53
(Donna Summer-Giorgio Moroder-Pete Bellotte)
Produced by Say Yes Production
by Giorgio Moroder and Pete Bellotte
Arranged by Thor Baldursson

SIDE B...NB 884 AS

CAN'T WE JUST SIT DOWN
(AND TALK IT OVER)

Time: 3:56
(Tony Macaulay)
Produced by Say Yes Production
by Giorgio Moroder and Pete Bellotte
Arranged by Thor Baldursson

(P)1977 Casablanca Record and FilmWorks, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●I FEEL LOVE
[POP # 6/R&B # 9 /DISCO # 3]

●CAN'T WE JUST SIT DOWN
[POP # -/R&B # 20 /DISCO # -]


Donna Summerは、"The Queen Of Disco"と呼ばれ、数多くの大ヒット曲で一世を風靡した黒人女性ボーカリスト。Giorgio Moroderの強力なバックアップを受け、ディスコだけでなく、ポップス、ロック、バラードまで幅広いレパートリーで大ヒット曲を連発し、数多くの賞を獲得。名実共に世界を代表するトップ・ボーカリストにまで登りつめた。アメリカ人でありながら、ドイツを拠点に世界的な成功を収めた事でも話題になった。主な大ヒット曲に「Love To Love You Baby」(1975)、「I Feel Love」(1977)、「MacArthur Park」(1978)、「Hot Stuff」「Bad Girls」「No More Tears (Enough Is Enough)」(1979)など多数。

このシングルは1977年にCasablancaから発売されたアルバム「I Remember Yesterday」からのシングル・カット。プロデュースはGiorgio MoroderPete Bellotte。アレンジはThor Baldursson。セカンド・プレス盤。

●I FEEL LOVE
全編シンセサイザーのみでレコーディングされた世界初のエレクトリック・ディスコ・ミュージックとして全世界のミュージック・シーンに衝撃を与えた大ヒット曲。コンピューターを主体とする現代音楽の基礎とも言われる作品で、変幻自在のカラフルなシンセ・サウンドに、彼女の幻惑的な美しいボーカルが映える、抜群のグルーブを持ったハイクオリティな作品。

※ファースト・プレス盤ではシングルのB面だったが、世界中のディスコ、ラジオ・ステーションでの爆発的なヒットを受け、急遽シングルのA面で再発売された。(当時としてはかなり実験的で斬新な作品だった為、敢えてB面扱いにして反応をテストしたものと思われる)

Patrick Cowleyによる15分に及ぶリミックス・バージョン「I Feel 'Mega' Love」が存在する。1979年にDisconet Program Serviceで制作されたオムニバス形式の12インチ・シングル「Volume 3 Program 7」に収録され、1982年にCasablancaから12インチ・シングルで正式に発売された。

●CAN'T WE JUST SIT DOWN (AND TALK IT OVER)
イギリスのソングライター・Tony Macaulayが書き、Linda LewisBill Brandonにもカバーされた美しいソウル・バラード。ディスコ・ナンバーを中心とする彼女のシングル曲では珍しいバラード・ナンバーで、アメリカではソウル・チャートで最高20位のスマッシュ・ヒットを記録した。ファースト・プレス盤ではA面に収録されていた。


コメント
懐かしいねえ
こりゃ思いきりリアルタイムですよ。

Casablancaと言えばKiss(笑)が有名でした。後にCameoが所属していたことを知りました。
そうですねえ。カサブランカの長年の稼ぎ頭といえばkissとdonna summerですね。kissは「detroit rock city」が大好きであります 笑
この時代にこのサウンドはスゴイことですね。今のハウスと一緒にかけても何の違和感もない。僕がDJをやっているお店は70’s、80’sのソウル、ディスコが中心のお店なんですが、以前若めのお客さんが来てハード・ハウスやアシッド・ハウスをかけてほしいとリクエストしてきたんですが、その辺は置いていないがそれに近いものならある、と伝えて、I FEEL LOVEをかけたらそのお客さんは大いに満足されてめちゃくちゃ踊ってました。
>samnyさん
最近のプログレッシブ・ハウスなんかと並べてもあんまり違和感は感じないでしょうね。自分もこれを初めて聞いて、年代を見た時はビックリしました。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。