DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPCENTURY ORCHESTRA ≫ CENTURY ORCHESTRA / KING KONG IS BACK AGAIN (1976)

CENTURY ORCHESTRA / KING KONG IS BACK AGAIN (1976)

century orchestra-king kong

SIDE A...2056 576

KING KONG IS BACK AGAIN
Time: 3:02
(Maryland)
Arranged and directed by Red Upsiger

SIDE B...2056 576

GORILLA (KING OF THE JUNGLE)
Time: 2:40
(Red Upsiger)
Arranged and directed by Red Upsiger

(P)1976 Polydor (France)

BILLBOARD CHART ACTION

●KING KONG IS BACK AGAIN
[POP # -/R&B # - /DISCO # - ]

Century Orchestraは、 Richard Claydermanを手がけた事で知られるフランス人アレンジャー、コンダクター・Régis Dupré (Red Upsiger)が手がけたフランスのワン・ショット・ディスコ・プロジェクト。「King Kong Is Back Again」(1976)が唯一のシングル。

このシングルは1976年にフランス・Polydorから発売された唯一のシングル。プロデュース、アレンジはRed Upsiger(Régis Dupré )。

●KING KONG IS BACK AGAIN
当時、世界的に大ヒットした映画「King Kong」をモチーフにした作品で、イントロの喧騒音から一転してファンキーなビートの効いたリズム・セクションとゴージャスなオーケストレーションが展開されるアッパーなディスコ・ナンバー。パンチの効いたパワフルな女性ボーカルもなかなかのもので、非常に完成度の高い作品に仕上がっている。

●GORILLA (KING OF THE JUNGLE)
ミュンヘン・サウンド風の重厚なビートの効いたミディアム・スロー・テンポのファンク・ディスコ・チューン。こちらもかなり良い出来。

Comment

編集
いいですね、これ。「怪獣/怪物もの」の中でも出色の出来映えではないでしょうか。

しかしこのアーティスト名だと、なかなか手が出ませんね。
2009年04月26日(Sun) 08:14
編集
>sugarfootさん
おっしゃるとおり確かにこのアーティスト名やジャケ、タイトルじゃ手が出ませんよね。

それだけに曲が良くてビックリです。因みに国内版のタイトルは「キングコングがディスコにやってきた」ですよ。
探してみてください。
2009年04月26日(Sun) 10:12












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム