DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPBETTYE LAVETTE ≫ BETTYE LAVETTE / DOIN' THE BEST THAT I CAN (1978)

BETTYE LAVETTE / DOIN' THE BEST THAT I CAN (1978)

bettye lavette-doin the best that i can

SIDE 1...WES 1213 A

DOIN' THE BEST THAT I CAN
Time: 3:10
(Mark Sameth)
Prod. by: Eric Matthew & Cory Robbins
For Our First Production Company
Arr. by: Eric Matthew
Mixed by: Walter Gibbons
Drums by Gary

SIDE 2...WES 1213 B

DOIN' THE BEST THAT I CAN (Part Two)
Time: 3:27
(Mark Sameth)
Prod. by: Eric Matthew & Cory Robbins
For Our First Production Company
Arr. by: Eric Matthew
Mixed by: Walter Gibbons
Drums by Gary

(P)1978 West End Music Industries, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●DOIN' THE BEST THAT I CAN
[POP # - /R&B # - /DISCO # 13]

Bettye Lavetteは、60年代から70年代初頭にかけて活躍した、The Great Lady Of Soulと呼ばれる実力派黒人女性ヴォーカリスト/女優。実力やネームバリューに対してヒット曲が少なく、波乱万丈な歌手生活を送ったエピソードでも知られる。主なヒット曲に「My Man-He's A Loving Man」(1962)、「Let Me Down Easy」(1965)、「He Made a Woman Out of Me」(1969)、「Do Your Duty」(1970)など。

●DOIN' THE BEST THAT I CAN
1978年にWest Endから発売されたシングル。プロデュースはCory RobbinsEric Matthew。アレンジはEric Matthew。演奏はGary's Gangのメンバー。リミックスはWalter Gibbons

長い間ヒットから遠ざかっていた彼女が心機一転、当時流行のディスコ・ミュージックに挑戦したもの。Gary's Gangらしい弾むようなディスコ・サウンドに彼女のダイナミックかつソウルフルなボーカルが絡むアップテンポのリズミカルなポップ・ディスコ・チューン。

ミックス違いの12インチ・シングルが2種類あり、Walter Gibbonsによる11分にも及ぶリミックス・バージョンを収録したセカンド・プレス盤12インチ・シングルの人気が高い。

このシングル・バージョンは7分43秒のオリジナル・バージョンをエディットしたもの。
A面は前半部分。
B面は後半部分。

Comment

Bettye Lavetteと言えば
編集
よくコンピアルバムに60'sの曲が入っていますが、70's後半のサウンドでは初めて聴きました。
かなりいいですねえ、CD復刻とかされてないんでしょうかね?
2009年05月15日(Fri) 12:49
編集
>hidekichiさん

フランスで出てたwestendのコンピに入ってるんですが、廃盤なんで見つけにくいかも知れないです。レコードは簡単に見つかりますよ。
2009年05月15日(Fri) 17:58












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム