DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPTAMIKO JONES ≫ TAMIKO JONES/LET IT FLOW(1976)

TAMIKO JONES/LET IT FLOW(1976)

20061108215320.jpg


SIDE A...716-AD

LET IT FLOW
Time: 4:26
(T.W. Stewart, B.R. Wright,& M. McNichols)
Produced by : Tamiko Jones

SIDE B...716-BC

CLOUDY
Time: 3:24
(H. Stuart, A. Gorris)
Produced by : T. Jones & J. Sayedra

(P)1976 Atlantis II Records

BILLBOARD CHART ACTION
●LET IT FLOW
[POP # - /R&B #76 /DISCO #39 ]

●CLOUDY
[POP # - /R&B #92 /DISCO # -]

Tamiko Jonesは、アトランタ、ロンドンを拠点に活動していたアメリカ人と日本人のハーフの女性ジャズ/ソウル・シンガー、プロデューサー。夫はJohn Abbey(英Blues & Soul誌の元編集長、Contempo Records社長)。「A Man And A Woman」(1966)(Harbie Mannとの競演)、「Touch Me Baby」(1975)、「Can't Live Without Your Love」(1979)などのヒット曲で知られる。

このシングルは1976年に彼女所有のインディ・レーベルAtrantis llから発売されたアルバム「Cloudy」からのカット。セルフ・プロデュース作品。

LET IT FLOW
Bump & Hustle Music」(1975)のヒットで知られるアトランタの白人男性プロデューサーTommy Stewartがソングライト、アレンジを手掛けたミディアム・テンポのスムースなディスコ・ナンバー。フィラデルフィアのシグマ・サウンド・スタジオでTom Moutonによってリミックスされている。

ほぼ同時期にT.K/Contempoレーベルからシングルが全米発売され、ディスコを中心にスマッシュ・ヒットとなった。

CLOUDY
イギリスのファンク・バンドAverage White Bandが1976年に大ヒットさせた曲のカバー。ここではオリジナルをすっかり超越したスイートなムードが魅力的なスロー・バラードに仕上がっている。後にA面に差し替えて再発売されヒットした。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム