DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPBLACK IVORY ≫ BLACK IVORY / MAINLINE (1979)

BLACK IVORY / MAINLINE (1979)

black ivory-main line

SIDE A...BDA 610

MAINLINE
Time: 3:59
(Leroy Burgess)
Produced by Leonard Adams, Stuart Bascombe
And Russell Patterson

SIDE B...BDA 610

DANCE
Time: 4:56
(Russell Patterson/Leroy Burgess)
Produced by Black Ivory
In Association With Robert John & Michael Gately
For Black Ivory Productions

(P)1979 Buddah Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●MAINLINE
[POP # - /R&B # - /DISCO # 57 ]

Black Ivoryは、Patrick Adamsによって見出されたニューヨーク出身の黒人男性3人組ソウル・ボーカル・グループ。結成当時のメンバーはLeroy BurgessStuart BascombeRussell Patterson。1977年にLeroy Burgessが脱退し2人組となった。主なヒット曲に「Don't Turn Around」(1971)、「You and I」(1971)、「Mainline」(1979)など。

●MAINLINE
1979年にBuddahから発売されたアルバム「Hangin' Heavy」からのシングル・カット。プロデュースはLeonard AdamsBlack Ivoryマネージャー)、Russell PattersonStuart Bascombe。アレンジはLeroy BurgessPatrick Adams。リード・ボーカルはRussell Patterson。バック・ボーカルでLeroy Burgessが参加。

元メンバーのLeroy Burgessが提供した作品で、フィリー・ソウル風のゴージャスでダンサブルなディスコ・サウンドにソウルフルなボーカルが絡むメロディアスなソウル・ディスコ・チューン。ガラージ・クラシックの人気曲。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。バージョン違いの12インチ・シングルが2種類存在する。

●DANCE
1976年にBuddahから発売されたアルバム「Black Ivory」からのシングル・カット。プロデュースはBlack IvoryRobert JohnMichael Gately。アレンジはPatrick Adams

Leroy BurgessRussell Pattersonのペンによるかなりアップテンポの軽快なディスコ・ナンバー。

Comment

編集
シカゴ・クラシックですね。
お気遣いありがとうございます。って、分り辛いですかね。
では、よろしくお待ちしてます。
2009年05月04日(Mon) 15:49
Re: タイトルなし
編集
>soulhonpoさん

はい意識してみました!
今回残念な事に行けなくなってしまって・・・泣
パーティの成功をお祈りしてます!
2009年05月05日(Tue) 22:46












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム