スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHARO / LA SALSA (1976)

2009.05.25.Mon.22:10
charo-la salsa

SIDE A...P-4203

LA SALSA
Intro. -:20
Time: 2:40
(X. Cugat-R. Angullo-T. Camillo)
Produced & Arranged by Tony Camillo
for Camillo/Marucci Productions
Recorded at Venture Sound Studios, Somerville, New Jersey
Engineered by Ed Stasium, Jr. & David "Nitch" Domanich

SIDE A...P-4203

LA SALSA
Intro. -:20
Time: 2:40
(X. Cugat-R. Angullo-T. Camillo)
Produced & Arranged by Tony Camillo
for Camillo/Marucci Productions
Recorded at Venture Sound Studios, Somerville, New Jersey
Engineered by Ed Stasium, Jr. & David "Nitch" Domanich

(P)1976 Capitol Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●LA SALSA
[POP # - /R&B # - /DISCO # 15 ]

Charoは、「Cuchi-Cuchi Girl」と呼ばれ、アメリカのショービジネス界のトップに君臨するスペイン出身の女性マルチ・タレント。スパニッシュ・ギターの名手としても知られ、ラスベガスで行われるショー「Bravo!」は特に有名。主な代表曲に「Dance A Little Bit Closer」(1977)、「Ole Ole」(1978)、当時の人気テレビドラマ「Love Boat」にゲスト出演した際に歌われた「Love Boat Theme」(1978)など。

●LA SALSA
1976年にCapitolから発売された全米デビュー・シングル。プロデュース、アレンジはTony Camillo。シングル・オンリー。

アメリカにおける彼女初の冠番組「The Charo Show」(1976)での本格的なブレイクを受けて制作されたもので、Xavier Cugatの大ヒット曲「Cuban Mambo」を下敷きにしたファンキーなラテン・ディスコ・チューン。彼女の強烈な個性とキャラクターを活かした楽しい作品に仕上がっている。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。