DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPスポンサー広告 ≫ SERGIO MENDES AND THE NEW BRASIL '77/THE REAL THING(1977)TOPSERGIO MENDES ≫ SERGIO MENDES AND THE NEW BRASIL '77/THE REAL THING(1977)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

SERGIO MENDES AND THE NEW BRASIL '77/THE REAL THING(1977)

20061108215435.jpg


SIDE A...E-45416-A

THE REAL THING
Time: 3:55
(Stevie Wonder)
Produced by Sergio Mendes

SIDE B...E-45416-B

PENINSULA
Time: 2:11
(Sergio Mendes & Oscar Castro Neves)
Produced by Sergio Mendes

(P)1977 Elektra Records

BILLBOARD CHART ACTION
●THE REAL THING
[POP # - /R&B #51 /DISCO # -]

Sergio Mendesは、ブラジルが世界に誇るアーティストであり、ボサノバを世界的に大流行させた事で知られるブラジル人男性プロデューサー、アレンジャー、コンポーザー。偉人の一人。ジャンルにとらわれない幅広い音楽性(ジャズ、ロック、ソウルなど)を駆使した作品群は、世界中のアーティスト達に多大な影響を与えている。主な大ヒット曲に「Mas Que Nada」(1966)、「The Look Of Love」(1968)、「Never Gonna Let You Go」(1983)」など多数。

このシングルは1977年にElektraから発売されたアルバム「Sergio Mendes and The New Brasil '77」からのカット。プロデュースはSergio Mendes。このアルバムからメンバーを一新し、ディスコ、ソウル色を強めた作品を多く発表する事となる。

THE REAL THING
長年親交のあったStevie Wonderのペンによるメロウなディスコ・ナンバー。当時はそれ程のヒットには至らなかったが、90年代以降のレア・グルーブ、フリー・ソウル・ムーブメントやディスコ、ガラージ・クラシックの再評価の流れで注目されるようになり、現在ではクラブ・クラシックの定番となっている。

PENINSULA
ペニンシュラ半島の風景と青い海が目の前に浮かぶようなラテン・フュージョン風のインストゥルメンタル・ナンバー。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。