DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPスポンサー広告 ≫ MFSB featuring THE THREE DEGREES / LOVE IS THE MESSAGE (1973)TOPMFSB ≫ MFSB featuring THE THREE DEGREES / LOVE IS THE MESSAGE (1973)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

MFSB featuring THE THREE DEGREES / LOVE IS THE MESSAGE (1973)

mfsb-love is the message

SIDE A...ZS7 3547

LOVE IS THE MESSAGE
Time: 2:40
-K. Gamble-L.Huff-
Taken From The P.I.R. Lp:
"LOVE IS THE MESSAGE" KZ 32707
Arranged by Bobby Martin
Produced by Gamble-Huff
Recorded at Sigma Sound Studios, Phila., Pa
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs, Phila., Pa
"The Sound of Philadelphia"T.M.

SIDE B...ZS7 3547

MY ONE AND ONLY LOVE
Time: 4:34
-G. Wood-R. Mellin-
Taken From The P.I.R. Lp:
"LOVE IS THE MESSAGE" KZ 32707
Arranged by Vince Montana
Produced by Vince Montana
Recorded at Sigma Sound Studios, Phila., Pa
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs, Phila., Pa
"The Sound of Philadelphia"T.M.

(P)1973 Philadelphia International Records/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●LOVE IS THE MESSAGE
[POP # 85 /R&B # 42/
DISCO # 34 (1977 LP 'Philadelphia Classics' all cuts ]

MFSBMother, Father, Sister, Brotherの略〉は、フィラデルフィアのシグマ・サウンド・スタジオを本拠地とするスタジオ・ミュージシャンで結成された総勢50名近くからなる人種混成大型ソウル・オーケストラ。The Three DegreesThe O'jaysHarold Melvin & The Blue Notesなど、フィラデルフィアを拠点とする数多くのソウル・グループ、アーティストの演奏を担当、さらには自己名義のレコードを大ヒットさせるなど、フィリー・ソウル・ブームの立役者として一世を風靡した。主な大ヒット曲に「TSOP(The Sound Of Philadelphia)」(TV番組「Soul Train」のオープニング・テーマ)、「Love Is The Messege」(1973)、「Sexy」(1975)など。

このシングルは1973年にPhiladelphia Internationalから発売されたセカンド・アルバム「Love Is The Message」からのセカンド・シングル。

●LOVE IS THE MESSAGE
Kenny GambleLeon Huffがプロデュース、Bobby Martinがアレンジを手がけたフィラデルフィア・ソウル黄金期を代表する傑作であり、ディスコ/ハウス・クラシックの名曲としてあまりにも有名な作品。ゆるやかなイージー・リスニング調のメロディーから一転、ファンキーなディスコ・ビートへと流れる展開が非常に斬新で、ドラムスのリズム・パターンやベース・ライン、コード進行は、現代におけるハウス・ミュージックの基礎となっている。

このシングル・バージョンは、The Three Degreesのボーカルが追加録音されたシングル・リミックス・バージョン。11分に及ぶボーカル入りのロング・バージョンは1977年発売のコンピレーション・アルバム「Philadelphia Classics」に収録されている。

MY ONE AND ONLY LOVE
Frank SinatraJohn Coltrane & Johnny Hartmanによるバージョンでもおなじみのジャズ・スタンダードの名曲をインストゥルメンタルにしてリメイクしたもの。プロデュース、アレンジはVincent Montana, Jr.。


Comment

編集
おっ、説明不要の名曲。クラブ系のアンセムだね。

ずいぶん前に、この曲がもてはやされた時があったよねー、冨家サトシとかに。
2009年06月01日(Mon) 21:45
編集
>Masatoさん

そうです。定番です☆

ガラージ・クラシックがどーのって話題になった頃ですよね。リエディット12インチとかいっぱいでてましたっけ・

2009年06月02日(Tue) 15:02
編集
ここでの書き込みは実は初めてです・・・好きな作品だったので書き込みしますね(^0^)

確かにリエディットなんかも多い作品ですが、個人的にはオリジナルが一番な作品で、音の良いクラブで聴くと持ってかれますね!!
今年の冬、DJ NoriのageHaでのパーティーで聴いた時、それを痛感し、買ってなかった12inchをすぐに買いに行きましたww

一生大事にしないといけない曲って・・・これなのかも知れないですね(^0^)

yukiさんのドープなセレクションにヤラれる日々ですが、コメントできるタイトルがあれば参加しますね~
いつも、私の方にコメントを頂き、大変恐縮をしておりますが、今後ともよろしくお願い致します♪
2009年06月05日(Fri) 00:41
編集
>mixtapetroopersさん

こちらこそコメントありがとうございます。

>一生大事にしないといけない曲って・・・これなのかも知れないですね(^0^)

そうですね。王道と言われてもずっと色あせる事のない魅力のある曲はホント大事にしていきたいですね!

こちらこそ宜しくお願い致します。
2009年06月05日(Fri) 03:21
編集
themeの部分から、looove is~ Funkyに転調する所が何度聴いても鳥肌ものです(笑) そして、リズム隊とストリングスの完璧な Groove 最高ですね!
2009年06月06日(Sat) 14:28
編集
>chanparaさん

おっしゃる通りです!初めて聴いた時はそれこそ震えましたよね。こうくるか!?みたいな感じで。最高です。
2009年06月06日(Sat) 22:58












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。