DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPスポンサー広告 ≫ TAANA GARDNER / WORK THAT BODY (1979)TOPTAANA GARDNER ≫ TAANA GARDNER / WORK THAT BODY (1979)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

TAANA GARDNER / WORK THAT BODY (1979)

taana gardner-work that body

SIDE 1...WES 1216 A

WORK THAT BODY
Time: 3:05
(Kenton Nix)
Produced by: Kenton Nix for Kenix Productions
MIX BY LARRY LEVAN
Mastered at Sterling Sound NYC
by Jose Rodriguez

SIDE 2...WES 1216 B

WORK THAT BODY
Time: 5:59
(Kenton Nix)
Produced by: Kenton Nix for Kenix Productions
MIX BY LARRY LEVAN
Mastered at Sterling Sound NYC
by Jose Rodriguez

(P)1979 West End Music Industries, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●WORK THAT BODY
[POP # - /R&B # -/DISCO #10]


Taana Gardnerは、ディスコ・プロデューサーKenton Nixによって見出され、Larry Levanが殆どの作品でリミックスを手がけた事でも知られる黒人女性ボーカリスト。一時期はシーンから姿を消したものの、1990年代以降はハウス・ミュージックを中心にクラブ・ヒットを出すなど、現役で活躍している。主なヒット曲に「Work That Body」(1979)、「Heartbeat」(1981)、「I'm Comin'」(1998)など。

●WORK THAT BODY
1979年にWest Endから発売されたデビュー・シングル。プロデュースはKenton Nix。リミックスはLarry Levan。同年発売のアルバム「Taana Gardner」収録。

彼女の出世作であり、代表曲の一つ。ニューヨークのアンダーグラウンドな雰囲気満載のアップリフティングなディスコ・ナンバーで、ニューヨークのディスコを中心に爆発的な大ヒットを記録。ディスコ/ガラージ・クラシックとして人気を誇る。

A面はアルバム・バージョンをエディットしたもの。
B面は12インチ・バージョンをエディットしたもの。

※オリジナルはインストだったが、プロデューサーの判断によりTaana Gardnerのボーカルを追加録音。これがそのまま彼女のデビュー曲となった。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。