DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPGREGG DIAMOND ≫ GREGG DIAMOND BIONIC BOOGIE / CHAINS (1978)

GREGG DIAMOND BIONIC BOOGIE / CHAINS (1978)

bionic boogie-chains

SIDE A...DPQ 6133

CHAINS
Time: 3:36
(Gregg Diamond)
Produced by Gregg Diamond and Godfrey Diamond
for Diamond Touch Productions, Ltd.
Engineered & Mixed by Godfrey Diamond

SIDE B...DPQ 6133

PARADISE
Time: 5:17
(Gregg Diamond)
Produced by Gregg Diamond and Godfrey Diamond
for Diamond Touch Productions, Ltd.
Engineered & Mixed by Godfrey Diamond

(P)1978 Polydor Incorporated

BILLBOARD CHART ACTION
●CHAINS
[POP # - /R&B # -/DISCO # 8 (LP all cuts)]

●PARADISE
[POP # - /R&B # -/DISCO # 8 (LP all cuts)]

Gregg Diamond Bionic Boogieは、Andrea True Connectionの成功で知られるディスコ・プロデューサーGregg Diamondが手がけたディスコ・プロジェクト。ゲスト・ボーカリストとしてLuther VandrossCissy HoustonDavid LasleyZachary Sandersといった実力派シンガーが起用されている。主なヒット曲に「Risky Changes」(1977)、「Hot Butterfly」(1978)など。

このシングルは1978年にPolydorから発売されたセカンド・アルバム「Hot Butterfly」からのセカンド・シングル。プロデュースはGregg DiamondGodfrey Diamond

CHAINS
Moment Of Truthの「Chains To Your Love」(1977)に良く似たメロディーを持つシリアスな曲調のディスコ・ナンバー。ここでのリード・ボーカルはZachary Sanders

●PARADISE

バック・ボーカリストとして活動を始めたばかりだった白人男性ボーカリスト・David Lasleyがリード・ボーカルとして起用された作品で、かなりアップテンポのメロディアスなディスコ・ナンバー。美しいメロディー・ラインやアレンジ、そこに絡むDavid Lasleyのファルセット・ボーカルが素晴らしい。隠れた名曲。

Comment

編集
彼らの日本盤シングル、3枚は確認したけど、意外に多いですね。
STARCRUSIN
CHAINS
RISKY CHANGES
Gregg Diamondが白人だなんてyukiさんに教えてもらうまで知らなかったもんなぁ…
2009年06月27日(Sat) 11:56
編集
そういえば結構出てますね。プロデュース作を含めるとかなり出てる気がします。

>Gregg Diamondが白人だなんてyukiさんに教えてもらうまで知らなかったもんなぁ…

意外に知らないと思いますよ。自分もたまたま知ったんです。
2009年06月27日(Sat) 15:08












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム