DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPMIKE & BILL ≫ MIKE & BILL / THINGS WON'T BE THIS BAD ALWAYS (1976)

MIKE & BILL / THINGS WON'T BE THIS BAD ALWAYS (1976)

make  bill-things wont be this bad always

SIDE A...AS 0180-D

THINGS WON'T BE THIS BAD ALWAYS
DISCO VERSION

Time: 3:30
(Mike Felder & Bill Daniels)
Produced by Moving Up Productions & Major Little
Arranged by Mike Felder

SIDE B...AS 0180-D

THINGS WON'T BE THIS BAD ALWAYS
DISCO VERSION

Time: 3:35
(Mike Felder & Bill Daniels)
Produced by Moving Up Productions & Major Little
Arranged by Mike Felder

(P)1976 Arista Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●THINGS WON'T BE THIS BAD ALWAYS
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Mike & Billは、ニューヨークを拠点にプロデューサー、コンポーザーとして活動していたMike FelderBill Danielの2名で結成された黒人男性ソウル・ボーカル・グループ。主なヒット曲に「Somebody's Gotta Go (Sho Ain't Me)」(1975)。

●THINGS WON'T BE THIS BAD ALWAYS

1976年にAristaから発売された通算2枚目のシングル。プロデュースはMoving Up ProductionsMajor Little。アレンジはMike Felder。シングル・オンリー。ディスコ・バージョンを収録したセカンド・プレス。

Mike FelderBill Danielsのペンによるファンキーでアッパーなソウル・ディスコ・チューン。ソウルフルでエネルギッシュなバリトン・リードとファルセット・リードの掛け合いが気持ち良い。


A面はボーカル・バージョン。ファースト・プレス盤よりも長いディスコ・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム