DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPTONY VALOR ≫ TONY VALOR SOUNDS ORCHESTRA/LOVE HAS COME MY WAY(1978)

TONY VALOR SOUNDS ORCHESTRA/LOVE HAS COME MY WAY(1978)

20061108215359.jpg


SIDE A...PAULA 432/SL 2863 DJ

LOVE HAS COME MY WAY
Time: 3:09
(Tony Valor)
Produced by Tony Valor
Produced for T.N.T. Productions T. Valor and T. Moulton
Arranged by S. Robbins & T. Valor
"A JIM BURGESS MIX"
Mastering Jose Rodriguez
Special Thanks To Carol Williams
From Paula LPS 2235

SIDE B...PAULA 432/SL 2864

OPUS 22(Instrumental)
Time: 3:37
(Tony Valor)
Produced by Tony Valor
Produced for T.N.T. Productions T. Valor and T. Moulton
Arranged by S. Robbins & T. Valor
"A JIM BURGESS MIX"
Mastering Jose Rodriguez
From Paula LPS 2235

(P)1978 Paula Record Corp

BILLBOARD CHART ACTION
●LOVE HAS COME MY WAY
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Tony Valor Sounds Orchestraは、Maryann Farra & Satin SoulFantasyなどを手がけたディスコ・プロデューサーTony Valor自身のディスコ・プロジェクト。主な代表曲に「Gotta Get It」、「Ma-Mo-Ah」(1976)、「Love Has Come My Way」(1978)。

このシングルは1978年にPaulaから発売されたセカンド・アルバム「Love Has Come My Way」からのカット。プロデュースはTony Valor

LOVE HAS COME MY WAY
Love Is You」(1976)のディスコ・ヒットで知られるCarol Williamsのボーカルをフィーチャーしたアップテンポのディスコ・ナンバー。フィリー・ソウル直系のゴージャスなオーケストレーションに、Tony ValorによるBarry White風の渋いボーカルと、Carol Williamsによるセクシーなボーカルが絡む、ドリーミーでスウィートなディスコ・ミュージック。

OPUS 22(Instrumental)
チョッパー気味のベースが印象的なミディアム・テンポのインストゥルメンタル・ナンバー。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム