スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE BEACH BOYS / HERE COMES THE NIGHT (1979)

2009.08.24.Mon.16:57
the beach boys-here comes the night

SIDE A...06SP 310

HERE COMES THE NIGHT
Time: 4:28
-B. Wilson-M. Love-
From the LP, "L. A. (LIGHT ALBUM)" 25AP-1346
Produced by Bruce Johnston and Curt Becher

SIDE B...06SP 310

BABY BLUE
Time: 3:21
-D. Wilson-G. Jakobson-K. Lamm-
From the LP, "L. A. (LIGHT ALBUM)" 25AP-1346
Produced by Bruce Johnston

(P)1979 Caribou Records / Brother Records, Inc. (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●HERE COMES THE NIGHT
[POP # 44 /R&B # - / DISCO # 48 ]

The Beach Boysは、「Surfin' U.S.A」(1963)や「Good Vibrations」(1966)といった数多くの大ヒット曲を放ち、世界のポップ/ロックンロール・シーンで一世を風靡したアメリカの白人男性ロックン・ロール・バンド。彼ら特有の爽快なハーモニー、サーフィンやビーチをテーマにした夏らしさ全開のポップな作風は、世界のミュージック・シーンに多大な影響を与えた。その他のヒット曲に「I Get Around」(1964)、「Help Me Rhonda」(1965)、「California Girls」(1965)、「Kokomo」(1988)など多数。

このシングルは1979年にCaribouから発売されたアルバム「L.A. (Light Album)」からのシングル・カット。1979年当時のメンバーはBrian WilsonCarl WilsonDennis WilsonMike LoveBruce JohnstonAl Jardine

●HERE COMES THE NIGHT
1968年発売のアルバム「Wild Honey」に収録されていた作品を、シンセサイザーを駆使したGiorgio Moroder風のディスコ・アレンジでリメイクしたもの。プロデュースはBruce JohnstonCurt Becher。アレンジはCurt BecherBruce JohnstonJoe ChemayBob Esty

このシングル・バージョンは、12インチ・バージョンの構成を大幅に入れ替えるなどしてエディットしたもの。

※アルバムでは11分にも及ぶロング・ディスコ・バージョンになっているが、アルバムの楽曲不足を補うためだったとされる。(ディスコなら長尺にしても間延びしにくいため)。

●BABY BLUE

メンバーのDennis Wilsonの自作自演によるもので、彼の実質的な遺作とされる、内省的で美しいバラード。

コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。