スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OLYMPIC RUNNERS / SIR DANCEALOT (1978)

2009.09.02.Wed.20:22
olympic runners-sir dancealot

SIDE A...POSP 17

SIR DANCEALOT
(Wingfield-Jammer-Harper-Vernon-Chandler)
(From the POLYDOR LP "PUTTIN' IT ONYA"-POLD 5015)
Produced by Mike Vernon for Handle Artists
A Brand New Production

SIDE B...POSP 17

CROSSWORD

(Wingfield-Jammer-Harper-Vernon-Chandler)
Produced by Mike Vernon for Handle Artists
A Brand New Production

(P)1978/1979 Polydor Ltd UK.

BILLBOARD CHART ACTION
●SIR DANCEALOT
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]


Olympic Runnersは、70年代後半のイギリスで活躍したイギリスの白人黒人混成男性5人組ディスコ/ファンク・バンド。メンバーはDeLisle HarperGeorge ChandlerJoe JammerMike VernonPete Wingfield。主なヒット曲に「Put The Music Where Your Mouth Is」(1974)、「Keep It Up」(1977)、「Get It While You Can」(1978)、「Sir Dancealot」(1978)、「The Bitch」(1979)など多数。

このシングルは1978年にイギリス・Polydorから発売されたアルバム「Puttin' It On Ya」からのシングル・カット。プロデュースはMike Vernon

●SIR DANCEALOT
彼らを代表するヒット曲の一つ。初期のファンキーなイメージとは大きく異なり、かなりソフィストケイトされたメロウな雰囲気を持ったグルーヴィーなディスコ・ナンバー。

●CROSSWORD
非常にポップでメロウなメロディー・ラインを持つミディアム・テンポのスムースなディスコ・ナンバー。アルバム未収録。

コメント
あ、Pete Wingfieldのいたバンドかぁ~~、これは知らなかった。
>masatoさん
ほかにも色々バンドをかけもちしていたようですよ。一番売れたのはオリンピック・ランナーズだったのかな。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。