DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPEDWIN STARR ≫ EDWIN STARR / FUNKY HORSE (1974)

EDWIN STARR / FUNKY HORSE (1974)

edwin starr-funky horce

SIDE 1...JET 2275 (MOT-1194-A)

FUNKY HORSE
Time: 2:25
(J. Fukamachi-E. Starr)
作詞:エドウィン・スター
作曲:深町 純
プロデューサー:エドウィン・スター
アレンジャー:深町 純
ミキサー:関根 栄
ディレクター:但間 要 遠藤俊夫

SIDE 2...JET 2275 (M-802V1-A-3)

BIG PAPA
Time: 2:52
(F. Perren)

(P)1974 Motown/Victor (Japan)

Edwin Starrは、「War」(1970)の全米ナンバー・ワン・ヒットで世界的に高い知名度を誇るテネシー州出身の黒人男性ボーカリスト。主なヒット曲に「Agent Double-O-Soul」(1965)、「25 Miles」(1969)、「War」(1970)、「Stop The War Now」(1970)、「Contact」(1978)、「H.A.P.P.Y. Radio」(1979)など多数。

このシングルは1974年に日本・Motown/Victorから発売された日本オンリーのシングル。プロデュースはEdwin Starr。アレンジは深町純。日本録音。

●FUNKY HORSE
いかにも深町純らしいフュージョン的なファンキー・サウンドをバックにEdwin Starrのパワフル・ヴォイスが炸裂する黒っぽいソウル・ナンバー。この当時の国産ソウル・ナンバーとしてはかなり本格的な作りで、彼のヴォーカルも上手くハマッている。

深町純によるソウル・プロジェクト「マイティ・サラダ・シンジケート」名義でのシングルが同時期に発売されている。

●BIG PAPA
1974年にMotownから発売されたサウンド・トラック・アルバム「Hell Up in Harlem」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはFreddie PerrenFonce Mizell

アメリカではシングルのA面として発売されていた作品で、A面「Funky Horse」と良く似た曲調のファンキーなソウル・ナンバー。

Comment

これは
編集
知りませんでした。サントラ盤【Hell Up In Harlem】は持ってましたが、この深町純さんとの共演は知らなかった。特にGuitarがめっちゃFUNKしてますね。

こういった曲を歌ったEdwin Starrはダイナミックで最高です。
2009年10月11日(Sun) 01:32
編集
>hidekichiさん

こういう曲調に彼の声はマッチしますね。それをうまーく引き出した深町純もスゴイなあ、と思いました。
2009年10月13日(Tue) 00:29
編集
Edwin Starr、Montageからの12インチシングル“Double Or Nothing”も良かった。あんまりとりあげる人いないけど。
2009年10月13日(Tue) 05:21
編集
>masatoさん

そのような曲があるんですね。チェックしてみます。
2009年10月14日(Wed) 01:44
ファンキーホース
編集
ソウルフリークを昔録音したテープ聞いててテーマソング誰かな〜と思って検索した甲斐がありました。エドウィンスターだったんですね。スッキリしこの曲だけ購入できたらいいなー。ありがとうございました!ネットのおかげでdiscoでかかってて探してた曲がBiddu含め最近35年ぶりにみつかってます。
2013年01月27日(Sun) 08:27
Re: ファンキーホース
編集
こちらこそお役に立ててうれしいです。よろしくお願いします。
2013年02月23日(Sat) 16:16












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム