スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOTHAM FLASHER / I'M NEVER GOING TO LEAVE YOU (New York) (1979)

2009.12.07.Mon.00:36
gotham flasher-im never going to leave you

SIDE A...K 7201-A

I'M NEVER GOING TO LEAVE YOU (New York)

Time: 3:40
(Peter Alves, Gino Soccio, George Jackson)
Producers: Peter Alves & Gino Soccio
For MSU, Inc.
Arrangers: Peter Alves & Gino Soccio
For MSU, Inc.

SIDE B...K 7201-B

TRY A LITTLE TENDERNESS
Time: 4:30
(Campbell, Woods, Connelly)
Producers: Peter Alves & Gino Soccio
For MSU, Inc.
Arrangers: Peter Alves & Gino Soccio
For MSU, Inc.

(P)1979 Keylock Records

BILLBOARD CHART ACTION
●I'M NEVER GOING TO LEAVE YOU (New York)
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

Gotham Flasherは、ToulouseWitch Queenなどのディスコ・グループを手がけたカナダ人プロデューサー・Peter AlvesGino Soccioが手がけたディスコ・プロジェクト。実体はMuscle Shoals Rhythm SectionThe Muscle Shoals Horns。リード・ボーカルはGeorge Jackson。主な代表曲に「I'm Never Going To Leave You (New York)」(1979)。

このシングルは1979年にKeylockから発売された唯一のアルバム「Gotham Flasher」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはPeter AlvesGino Soccio

●I'M NEVER GOING TO LEAVE YOU (New York)
ハンドクラップの効いた歯切れ良いリズムに、タイトなホーン・セクション、ソウルフルな男声ボーカルが絡むアップテンポの爽やかなディスコ・ナンバー。イントロがLimeの「Your Love」(1980)風なのが面白い。

●TRY A LITTLE TENDERNESS
1932年にRay Noble Orchestraによって録音され、Otis ReddingThree Dog Nightによるカバー・バージョンがヒットした事で知られる名曲をディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。