DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPスポンサー広告 ≫ MUNICH MACHINE INTRODUCING CHRIS BENNETT/A WHITER SHADE OF PALE(1978)TOPMUNICH MACHINE ≫ MUNICH MACHINE INTRODUCING CHRIS BENNETT/A WHITER SHADE OF PALE(1978)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

MUNICH MACHINE INTRODUCING CHRIS BENNETT/A WHITER SHADE OF PALE(1978)

20061209213903.jpg


SIDE A...15 711 AT

A WHITER SHADE OF PALE
Time: 4:12
(Brooker/Reid)
Produced By Giorgio Moroder And Pete Bellotte

SIDE B...15 711 AT

IT'S ALL WRONG(BUT IT'S ALRIGHT)
Time 4:13
(Moroder/Bellotte)
Produced By Giorgio Moroder And Pete Bellotte

(P)1978 OASIS(Germany)

BILLBOARD CHART ACTION
●A WHITER SHADE OF PALE
[POP # - /R&B # - /DISCO #22(LP all cuts)]

●IT'S ALL WRONG(BUT IT'S ALRIGHT)
[POP # - /R&B # - /DISCO #22(LP all cuts)]

Munich Machineは、Giorgio Moroderのバック・ミュージシャン/ブレーンで構成されたドイツのディスコ・グループ。Giorgio Moroderがプロデュースした殆どの作品で演奏を担当している。主なヒット曲に「Get On The Funk Train」(1977)、「A Whiter Shade Of Pale」(1978)など。

このシングルは1978年にドイツ・Oasisから発売されたアルバム「A Whiter Shade Of Pale」からのカット。プロデュースはGiorgio MoroderPete Bellotte。リード・ボーカルはChris Bennett

A WHITER SHADE OF PALE
イギリスのロック・バンドProcol Harumが1967年に世界的に大ヒットさせた名曲(邦題:青い影)をディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。原曲のクラシカルで哀愁漂うムードは一切排除され、Giorgioらしさ全開のシンセサイザーを多様したテクノ・ディスコに変貌している。

IT'S ALL WRONG (BUT IT'S ALRIGHT)
Giorgioがポップス・シンガーとして活躍していた頃の作風に近いヨーロピアン・ポップス調のメロディーを持ったディスコ・ナンバー。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。