DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPGarnet Mimms ≫ GARNETT MIMS & TRUCKIN' COMPANY / WHAT IT IS (1977)

GARNETT MIMS & TRUCKIN' COMPANY / WHAT IT IS (1977)

garnet mims-what it is]

SIDE A...AS 0239

WHAT IT IS
Time: 3:36
(Jeff Lane & Randy Muller)
Produced by Jeff Lane & Randy Muller
for Big Boro Records, Corp.

SIDE A...AS 0239

WHAT IT IS
Time: 3:36
(Jeff Lane & Randy Muller)
Produced by Jeff Lane & Randy Muller
for Big Boro Records, Corp.

(P)1977 Aristta Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●WHAT IT IS
[POP # - /R&B # 33 /DISCO # - ]

Garnet Mimmsは、60年代に数多くのヒット曲で活躍したR&Bグループ・Garnet Mimms And The Enchantersのリーダーとして知られるウエスト・ヴァージニア州出身の黒人男性ヴォーカリスト。主な代表曲に「Cry Baby」(1963)、「For Your Precious Love」(1963)、「Baby Don't You Weep」(1963)、「Tell Me Baby」(1964)、「I'll Take Good Care Of You」(1966)など。

●WHAT IT IS

1977年にAristaから発売されたアルバム「Garnett Mimms Has It All」からのカット。プロデュースはJeff LaneRandy Muller。アレンジはRandy MullerGarnett Mims & Truckin' Company名義。

Randy Mullerがアレンジを手がけた作品で、Brass Constructionあたりを思わせるストリングスやシンセサイザーが効いたダンサブルなファンク・ディスコ・チューン。同じくRandy Mullerが手がけたディスコ/ファンク・バンド・Skyyのヒット曲「First Time Around」(1979)と曲調が似ている。

Comment

遅くなりましたが...
編集
あけましておめでとうございます。

Garnett Mimsのディスコナンバーってのは意外ですね(笑)!モロにBrass Constructionサウンドですね。きっと彼らが演奏してるんじゃないでしょうか?

またレアなEP紹介楽しみにしています。

今年もよろしくお願いします!



今年もよろしくお願いします。
2010年01月16日(Sat) 21:13
編集
>hidekichiさん

最近なかなか更新できていないですが。、こちらこそよろしくお願いします!
2010年01月24日(Sun) 23:48












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム