DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPCLAUDJA BARRY ≫ CLAUDJA BARRY / SWEET DYNAMITE (1977)

CLAUDJA BARRY / SWEET DYNAMITE (1977)

claudja barry-sweet dynamite

SIDE A...S7 2023

SWEET DYNAMITE
Time: 3:28
(Evers-Korduletsch)
(From the Salsoul L.P. SZS-5512
"SWEET DYNAMITE")

SIDE B...S7 2023

THIS TASTE OF LOVE
Time: 4:26
(Evers-Korduletsch)
(From the Salsoul L.P. SZS-5512
"SWEET DYNAMITE")

(P)1977 Salsoul Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●SWEET DYNAMITE
[POP # - /R&B # -/DISCO # 6]

Claudja Barryは、70年代から80年代にかけてドイツを拠点に世界的な成功を収めたジャマイカ生まれカナダ育ちの黒人女性ボーカリスト。「Sweet Dynamite」(1976)、「Boogie Woogie Dancin' Shoes」(1978)、「Down And Counting」(1986)などの世界的ディスコ・ヒットで知られる。

このシングルは1976年にドイツ・Lollipop、1977年にSalsoulから発売されたファースト・アルバム「Sweet Dynamite」からのシングル・カット。プロデュースはJurgen S. Korduletsch。リミックスはTom Moulton。ドイツ・ミュンヘン録音。

●SWEET DYNAMITE
全米ディスコ・チャートで最高6位を記録した大ヒット曲であり、彼女の出世作として知られる代表曲。

ファンキー・タッチのスリリングなディスコ・サウンドにシャウト気味のパンチの効いたソウルフルなボーカルが絡むアップテンポの軽快なディスコ・ナンバー。キレの良いストリングスや憶えやすいシンプルな歌詞はいかにも典型的ミュンヘン・サウンドだが、それまでのミュンヘン・サウンドには見られないファンキーさを兼ね備えた作品に仕上がっている。

このシングル・バージョンはTom Moultonによるアメリカ盤独自のシングル・リミックス。アメリカ盤アルバム・バージョン、ドイツ盤アルバム・バージョンとは全くミックスが異なる。

●THIS TASTE OF LOVE
カントリー風のスロー・ナンバー。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム