DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPNANETTE WORKMAN ≫ NANETTE WORKMAN / J'AI LE GOUT DE BAISER (1975)

NANETTE WORKMAN / J'AI LE GOUT DE BAISER (1975)

nanette workman-jai le gout de baiser

SIDE A...PAC 4431

J'AI LE GOUT DE BAISER

Intro: '08
Duree: 3'07
(A. Finaldi-G. Thurston)
Production: Yves Martin
pour les Disques Pacha Inc.
Arr. et Orch.: A. Finaldi-W. Rossi
Realisation: Y. Martin-A. Finaldi-N. Blagona

SIDE B...PAC 4431

RAPPELLE-TOI

Intro: '29
Duree: 5'11
(A. Finaldi-N. Workman-A. Finaldi)
Production: Yves Martin
pour les Disques Pacha Inc.
Arr. et Orch.: A. Finaldi-W. Rossi
Realisation: Y. Martin-A. Finaldi-N. Blagona

(P)1975 Pacha (Canada)

BILLBOARD CHART ACTION
●J'AI LE GOUT DE BAISER
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Nanette Workmanは、60年代から現在までカナダ・ケベック州を拠点に活躍を続けるニューヨーク出身の白人女性シンガー、ソングライター、女優。生粋のアメリカ人でありながら、フランス、カナダ・ケベック州といったフランス語圏でシンガー、女優として確固たる地位を確立。同時にイギリスでThe Rolling StonesJohn LennonElton Johnといったビッグ・アーティストのバック・ボーカリストとしても活動するという異色の経歴を持つ。主な大ヒット曲に「Et Maintenant」(1966)(Tony Roman et Nanette Workman名義)、「Fleurs d'amour, fleurs d'amitié」(1968) (Tony Roman et Nanette Workman名義)、「Lady Marmalade」(1975)、「Danser Danser」(1975)、「Call Girl」(1982)など多数。

このシングルは1975年にカナダ・Pachaから発売されたシングル。プロデュースはYves Martin。アレンジはAngelo FinaldiWalter Rossi

●J'AI LE GOUT DE BAISER
カッティング・ギターの効いたパーカッシブなイントロが印象的なラテン・ロック風のファンキーなディスコ・ナンバー。同年にアメリカ・Atcoから「If It Wasn't For The Money」のタイトルで英語バージョンが発売されている。翌1976年発売のアルバム「Nanette Workman」収録(フランス語盤はカナダ・Pacha、英語盤はアメリカ・Big Treeから発売)。

●RAPPELLE-TOI
1975年にPachaから発売されたアルバム「Lady Marmalade」からのシングル・カット。彼女本来のスタイルの壮大なロッカ・バラード。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム