DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPスポンサー広告 ≫ BLACKBUSTER / BIONIC BOOGIE (1976)TOPBLACK BUSTER ≫ BLACKBUSTER / BIONIC BOOGIE (1976)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

BLACKBUSTER / BIONIC BOOGIE (1976)

blackbuster-bionicboogie.jpg

SIDE A...XFPBO-049

BIONIC BOOGIE

(Biddu)
Produced by Orly R. Ilacad

SIDE B...XFPBO-049

I'VE GOT YOU UNDER MY SKIN
(Cole Porter)
Produced by Orly R. Ilacad

(P)1976 RCA Records (Philippine)

BILLBOARD CHART ACTION
●BIONIC BOOGIE
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Black Busterは、フィリピン・ミュージックのパイオニアとして知られるプロデューサーOrly R. Ilacadが手がけたフィリピン人男性7人組ディスコ・ファンク・バンド。前身はフィリピンを代表するロック・バンドRamrods。主な代表曲に、アジアで初めて世界進出を果たしたディスコ・シングルであり、ヨーロッパ、日本でヒットした「Bump The Bump」(1975)、レア・グルーブとして知られる「Old Man」(1975)がある。

このシングルは1976年にフィリピン・RCAから発売された通算4枚目のアルバム「Blackbuster 4」からのシングル・カット。プロデュースはOrly R. Ilacad

●BIONIC BOOGIE
イギリスのディスコ・グループBiddu Orchestraが1976年に発表したシングル曲のカバー。全体的なアレンジはオリジナルと変わりがないが、ドラムスのリズム・パターンを変えた事でノリのよさがアップしている。オリジナルよりも非常に良い出来と言える。

●I'VE GOT YOU UNDER MY SKIN
Cole Porterが1936年に書き、数多くのアーティストによって取り上げられるスタンダード・ナンバーのカバー。このテイクは同年にJohn Davis & The Monster Orchestraが発表したバージョンと全く同じアレンジとなっており、特に面白い出来ではない。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。