DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPスポンサー広告 ≫ THE LOVE MACHINE/DESPERATELY(1978)TOPTHE LOVE MACHINE ≫ THE LOVE MACHINE/DESPERATELY(1978)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

THE LOVE MACHINE/DESPERATELY(1978)

20061223000830.jpg



SIDE A...BDA 595

DESPERATELY
Time: 3:27
(R. Whitelaw/N. Bergen)
Edited By Camille Sasscer

SIDE B...BDA 595

DON'T FLY AWAY
Time: 4:28
(R. Crossley/C. Nolan/G. Lee)

(P)1978 by BUDDHA RECORDS,INC

BILLBOARD CHART ACTION
●DESPERATELY
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

The Love Machineは、日本、イタリアで人気のあったアメリカの黒人女性7人組ソウル・ボーカル・グループ。Anita BakerMariah CareyBobby Womackを手掛け、グラミー賞を獲得したソング・ライターSandra Sully、90年代にアメリカの人気クイズ番組「The Price Is Right」にレギュラー出演し、モデル、女優として活躍したKathleen Bradleyが在籍していたことでも知られる。代表曲は「Desperately」(1977)。

このシングルは1978年にBuddahから発売されたアルバム「The Love Machine」からのカット。

DESPERATELY
1977年に日本・Victorから「恋のショック」という邦題で発売され、日本でヒットした作品。プロデュースはDr.Dragon & The Oriental ExpressFunky Bureauの仕掛け人として知られるSatoshi"Hustle"Honda。アレンジは船山基紀。日本録音。

曲自体はReid WhitelawNorman Bergenのペンによるもので、彼らが手がけたソウル・グループMoment of Truthのヒット「Helplessly」(1975)と良く似た展開のメロディアスなディスコ・ナンバー。

DON'T FLY AWAY
彼女たちのハーモニーをメインとしたファンキーなジャズ・フュージョン・タイプのソウル・ナンバー。High InergyBrenda Goochなどのアーティストを手がけたGerald Leeによるプロデュース作品。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。