fc2ブログ

DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP未分類 ≫ NICE TO BE SINGING (+3)<タワーレコード限定>

NICE TO BE SINGING (+3)<タワーレコード限定>

173777515_10208609388748546_7960479650331235746_n.jpg


5/12タワーレコード限定発売。朱里エイコのアメリカ録音の全編英語詞のディスコ/AOR名盤「NICE TO BE SINGING」(1978年)のリイシューが実現。今回のリイシューにあたり、マスターテープから発見された「SAMURAI NIPPON」の未発表インスト(2テイクも!)も追加収録できました。ライナーも書かせていただきました。音質もバッチリです!

詳細はこちら
https://tower.jp/item/5185675/

大野雄二 作曲・編曲によるヒット曲「SAMURAI NIPPON」も収録。朱里エイコが大御所Don Costaのプロデュースのもと、アメリカ・ロサンゼルスで録音、1978年に発表したディスコ名盤を貴重なボーナス・トラックx3追加、2021年リマスタリング仕様にてタワレコ限定発売。

ボーナス・トラックとして、世界初CD化となる「SAMURAI NIPPON」の貴重なインストゥルメンタル・バージョンを英語と日本語のコーラスの2バージョン、そして、先行発売のシングルのB面に収録された「サムライ・ニッポン」(日本語バージョン)を追加収録。

1964年に16歳で単身渡米、その高い歌唱力とゴージャスでパワフルなステージ・パフォーマンスで日本とアメリカのショービジネス界を渡り歩いた「リトル・ダイナマイト」。日本では「北国行きで」(1972年)や「ジェット最終便」(1973年)といったヒット曲で紅白歌合戦にも2年連続で出演。1976年には、Tower Of Power全面参加の「愛のめざめ (I'm Not A Little Girl Anymore)」、「絶体絶命 Buring My Bridges Behind Me」を日本とアメリカでリリース。NYのカーネギーホールで日本人女性として初出演し、大成功。アメリカでの活動を本格化させ、英語詞の作品を多数リリースしてきた朱里エイコが、Paul Ankaやフランク・シナトラ、ダイアナ・ロス、バーブラ・ストライサンドなどを手掛けたアメリカのトップ・プロデューサー、Don Costaプロデュースのもと、後にEarth, Wind & Fire 、Donna Summer、Finis Hendersonなどの楽曲を手掛けるソングライター、アレンジャーのErich Bullingや、Pete Jolly(p, key)、Marty Walsh(g)、Steve Turner(ds)など西海岸のトップミュージシャンを贅沢に起用し、1978年に発表。全編英語詞で歌われ、Paul Anka作曲のカバー曲とオリジナル曲で構成。アニメ「ルパン三世」の音楽などでも知られる大野雄二(変名のPeter Stone名義)が作曲・編曲、大野雄二らしい派手なギミックも散りばめられたアッパーなディスコで、トヨタ新チェイサーのCM曲「SAMURAI NIPPON」。Paul Ankaがエアプレイ/TOTO系の最強ミュージシャンと共に制作したアルバム『The Music Man』(1977)の収録曲のカヴァーで、DON COSTA編曲のメロウ・ディスコ「Slow Down」、Deborah Washingtonのオリジナルで、Helen ReddyやJohnny Mathis & Deniece Williamsもカヴァーした「READY OR NOT」、Don CostaとTerry Rayよるオリジナルで、編曲をErich Bullingが手掛けたディスコ「I Get Off On You」などを収録。

解説:Yuki""T-Groove""Takahashi
(オリジナル発売:1978年12月21日 /ワーナー・パイオニア/Reprise /L-10137R)

01. SAMURAI NIPPON (作詞Marco Bruno補作詞Eiko & Barbara作曲・編曲Peter Stone(大野雄二))
02. READY OR NOT (作詞・作曲Jack Keller, Amber DiLena編曲Don Costa )
03. DON'T LEAVE ME IN THE MORNING (作詞・作曲Paul Anka, Johnny Harris編曲Don Costa)
04. SLOW DOWN (作詞・作曲Paul Anka編曲Don Costa)
05. DON'T PULL OUT ON ME (作詞・作曲Erich Bulling, Terry Ray編曲Erich Bulling )
06. BURNIN' ALL OVER WITH LOVE (作詞・作曲Erich Bulling, Terry Ray編曲Erich Bulling )
07. LIFE SONG (作詞・作曲Paul Anka編曲Don Costa)
08. LET'S GET CRAZY TOGETHER (作詞・作曲Erich Bulling, Terry Ray編曲Erich Bulling)
09. I GET OFF ON YOU (作詞・作曲Don Costa, Terry Ray編曲Erich Bulling )
10. SOMEONE (作詞・作曲Don Costa, Terry Ray, Annette Tucker, Arthur Hamilton編曲Don Costa )
11. HEY BOY (作詞・作曲Paul Anka, Johnny Harris編曲Don Costa)
<Bonus Tracks>
12. サムライ・ニッポン (作詞:麻生香太郎 作曲・編曲:Peter Stone(大野雄二))
13. SAMURAI NIPPON (English Instrumental Version)(作詞:Marco Bruno補作詞:Eiko & Barbara作・編曲Peter Stone(大野雄二))
14. サムライ・ニッポン (Japanese Instrumental Version) (作詞:麻生香太郎 作曲・編曲:Peter Stone(大野雄二))

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム